「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2018年春高バレー】新戦術が予想される?駿台学園の注目ポイント

2017 11/10 12:24Mimu
バレー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年はほとんど無敵だった駿台学園

2016年、男子高校バレー界で絶対的な王者であった駿台学園。インターハイ、国体、春高を制覇して3冠を達成しただけでなく、春高の準決勝、習志野高校戦まで1セットも落とさずに勝ち上がっていたのだ。
つまりインターハイ・国体では1セットも落とさず、この春高の準決勝で初めてセットを落としたということになる。もし春高でも1セットも落とすことなく優勝していれば、史上初の完全優勝となっていた。それくらい、圧倒的な存在であったのだ。

しかし、今年のインターハイでは、予選ラウンドこそ順当に勝ち上がるものの、決勝トーナメントではまさかの緒戦敗退。前年度の王者は、早々と姿を消した。
だが、10月の国体では東京代表の合同チームとして優勝を果たしていることからも、今年のチームも力があることはうかがえる。春高でのリベンジにも十分に期待できるだろう。

6年かけて培われたチームワークが武器

駿台学園の強みは、中高一貫の教育と、最新鋭のデータバレーだ。駿台学園は中等部もバレーの強豪であり、キャプテンの坂下純也(現:筑波大学)や主軸の村山豪(現:早稲田大学)など、昨年に高校3冠を達成した際のメンバーは、中学生時代にも全国大会での優勝経験がある。
そして彼らが高等部に上がり、1年生の時から試合に出場しながら経験を積んで、高校でも日本一のチームになることが出来たのだ。
今年のメンバーにも、中学からしのぎを削り合ってきたメンバーは多い。先輩たちの姿を5年間も見てきた選手たちだ。きっとインターハイの敗戦を糧にしてくれるだろう。

おすすめの記事