「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バレーボール選手の珍プレー・アクシデント厳選5つ!

2017 7/10 10:01吉田 和喜
バレーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Ververidis Vasilis/Shutterstock.com

まじめにプレーしていても、またまじめにプレーしているからこそ起きてしまう珍プレーや珍しいアクシデントをご紹介します。プレミアリーグの選手から春高バレーの高校生、バレーボール日本代表に挑むお笑い芸人まで、バレーボールにまつわるアクシデントに注目しましょう。

バレーボールの試合では珍しい「L」のビブス

春高バレーで珍しいアクシデントがあったのが、2017年の金蘭会女子バレー部。春高バレー第二日目に岡崎学園と対戦しましたが、リベロの2選手が間違えて他の選手達と同じ色のユニホームを持参。普通リベロは他のプレーヤーたちとは違う色のユニホームで試合に臨みます。
そのため急遽「L」と書かれたビブスを着けて試合に望むことになりました。春高バレー常連校にしては珍しいアクシデントでした。それも金蘭会のメンバーの多くが1年生で初めての春高バレーで緊張していた、というのもあるのかもしれません。ただこのアクシデントでも動揺せずに岡崎学園相手にストレート勝ちを決めています。

意表をついたセッターの攻撃に…

バレーボールの試合を外から見ていると、あんなに速いスパイクにどう対応しているんだろうかと感じることがありますよね。選手たちだって厳しい練習をしていますが、いつだって対応出来るわけではありません。
それがよく分かる試合が2017年1月28日のJTサンダーズ対PFUブルーキャッツの試合。パワフルなスパイクでJTを引っ張る中村亜友美選手が相手セッターの攻撃を顔に受けてしまい、その場で鼻から血が…。すぐに止血され問題なく試合が再開されましたが、プレミアリーグでは珍しいアクシデントでした。

おすすめの記事