「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

世界の強豪36チームが激突する「FIVBワールドリーグ」を解説

2017 6/13 12:41kinsky
FIVAワールドリーグ,解説
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by A_Lesik/Shutterstock.com

バレーボールの「FIVBワールドリーグ」は、オリンピックや世界選手権とは異なり、毎年開催されている国際大会。世界チームのレベルや新たな選手の台頭などを知ることができるため、注目を集める大会だ。ここでは、そのFIVBワールドリーグについて解説する。

「FIVBワールドリーグ」は毎年開催、今年で28回目の国際試合

バレーボール男子の国際大会として1990年から毎年開催されているのが「FIVBワールドリーグ」だ。国際バレーボール連盟が主催している大会としては歴史が浅い大会だが、毎年の開催なので昨年で既に27回の開催を記録し、年々注目度がアップしている。
第1回大会は8チームが参加し、決勝が大阪で行われた。その後、2006年からは16チーム、2016年からは36チームに参加規模が拡大された。グループ別に予選を行い、勝ち残った上位チームによるファイナルで優勝チームが決定する。

ドイツでの決勝を目指し、世界の36チームが激突

今年の「FIVBワールドリーグ2017」は6月2日の予選ラウンドから世界各地の会場で一斉に始まる。出場するのは36カ国。12カ国ずつ3つのグループに分かれ、3週にわたり毎週3試合、各チーム9試合を消化する予選ラウンドを行い、グループ別に優勝を決める。予選上位5チームと開催国を加えた6カ国で決勝ラウンドを行ない優勝チームを決定する。
決勝ラウンドの開催国はドイツで期間は6月16日から6月18日。

おすすめの記事