「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

過去に行われたVリーグオールスターの選りすぐり名場面

2017 6/13 12:41kinsky
バレー,日本女子
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 CP DC Press / Shutterstock.com

バレーボールのVリーグは、1967年に発足した男女各6チームによる日本リーグを前身としスタートした。今年で50年を迎えるリーグの歴史の中で行われていたオールスター戦が、2017年久々に復活する。過去の戦いや活躍した選手、今季のオールスター戦について解説する。

Vリーグオールスター戦の最初の試合は1997-98年シーズン

日本のバレーボールリーグは、発足時の日本リーグから1994年にVリーグとして新たなスタートを切り、1997-98年シーズンからオールスター戦が開催されるようになった。当時のバレーボールチーム数は男女8チームで、オールスター戦はシーズン順位が奇数のチーム「STAR」と、偶数のチーム「MAX」に分かれて戦った。
開催時期はリーグ戦が終了した4月で、会場は東京体育館だった。オールスター戦は2001-2年シーズンまで連続5年間行われた。当時はスター選手も数多く、お祭り的要素が強い試合だった。

1998-99年はオールスターチームとVリーグ優勝チームの戦い

過去のオールスター戦は基本的に「STAR」と「MAX」の2チームに分かれての戦いだったが、1998-99年は選抜されたオールスターチームとVリーグ優勝チームとの戦いだった。男子はオールスターチームとVリーグ覇者のNECが戦い2戦ともにNECが3対2で勝利。女子はオールスターチームとリーグ覇者の東洋紡が戦い、東洋紡が2戦とも3対0で完勝した。
また、2000-01年は男子のみ米国選抜チームを招いてのVリーグ選抜との試合が行われ、2試合ともVリーグ選抜チームが勝利した。

おすすめの記事