「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高校バレーボール日本一を決める『インターハイ』出場条件

2017 6/13 12:41吉田 和喜
バレーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Trong Nguyen/Shutterstock.com

日本にある高校バレー部全ての頂点を決めるインターハイ。意外と知られていないトーナメントの出場条件や仕組み、優勝するには何回勝たなければいけないかなど、インターハイにまつわる情報をお伝えする。

全国のバレー部から頂点を決めるインターハイ

一般的にインターハイと呼ばれる大会の正式名称はバレーボールの場合「全国高等学校総合体育大会バレーボール競技大会」という。インターハイとは”インターハイスクール”の略語で、高校最強を決める3大大会の一つとされている。歴史は古く、1963年に初めて大会が開催された。
1964年には東京オリンピックも開催され、一気にバレーボール人口が増加。現在では関東だけでもバレーボール部のある高校は1,000前後もあり、全体で参加校は約6,400校と非常に規模の多い大会だ。また春高バレーが3月開催になる前はインターハイで負ければ3年生は即引退だったため、毎年涙を流すドラマがあった。

インターハイの試合方式は、開催場所は?

インターハイの試合形式は、まず各都道府県内にてブロック予選を行い、出場校を男女各56校に絞る。その後インターハイは予選トーナメントと決勝トーナメントにわけられ、予選トーナメントを勝ち抜いた43校で再度抽選を行い決勝トーナメントで日本一を決める。
代表校は各都道府県から1校選出される。北海道と埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県に関しては2校参加可能。そして開催地は毎年変わるが、開催地都道府県からももう1校参加が可能だ。
試合は準決勝までは3セット制だが、決勝戦のみ5セット制で行われる。

おすすめの記事