「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高校バレーの頂点を決める3大全国大会!みどころと違いは?

2017 6/13 12:41吉田 和喜
バレーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Billion Photos/Shutterstock.com

インターハイや国体、春高バレーとそれぞれ呼ばれ方の異なる高校バレーの3大全国大会だが、どれもその年の日本一を決めるための大会だ。それぞれの大会の特徴をよく理解するとより試合観戦が楽しくなる。

日本一を決める全国大会は全部で3回

おそらくバレーボールで一番知名度の高い全国大会は、春高バレーと呼ばれる全日本バレーボール高等学校選手権大会だろう。フジネットワーク各局で試合の様子が中継されているので、他の全国大会は知らなくても春高バレーは見るという方も多いかもしれない。
春高バレーも含めて日本では現在全国大会が年に3回開かれている。それぞれの特徴の違いを理解すると、バレー観戦がもっと楽しくなる。

総当たりで真の実力が試されるインターハイ

・正式名称 全国高等学校総合体育大会バレーボール競技大会
・開催時期 8月

インターハイとよく呼ばれるが、これは「インターハイスクール」の略称だ。毎年真夏の8月に開かれ、予選は5月、6月に行われる。3月に最上級生が引退し、世代交代した後の最初の全国大会だ。試合形式は予選を勝ち残った全国56校を4校の14グループに分けて行う総当たり戦の後、各グループ上位3チームによるトーナメント戦を行う。
総当たり戦で各グループのトーナメント進出校を決めるので、勢いだけでなく確かな実力が求められるのが特徴だ。また新1年生が入部数か月でレギュラーを獲得して大活躍するなど、ノーマークだった有力選手が急に全国の場に登場したりする。

おすすめの記事