「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バレーボール日本女子代表の「春高バレー時代」 名場面集

2017 6/13 12:41吉田 和喜
バレーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://www.daily.co.jp

フジテレビ系列でテレビ放映され、全国的にもファンの多い春高バレー。正式名称は全日本バレーボール高等学校選手権大会である。毎年熱いドラマの起こる大会だが、これからも語り継がれるであろう名場面がある。日本代表選手たちの学生時代の名場面を紹介する。

これから日本を背負って立つ黒後愛選手

多くのバレーボールファンが2017年春高バレーで最も注目した選手は黒後愛(下北沢成徳高校・東京)選手かもしれない。テレビでも度々取り上げられる黒後選手が挑む高校最後の大会の決勝戦。
就実高校(岡山)相手に第1セットを取った後、第二セットはリードされる苦しい展開の中、チームの精神的支柱となったのが黒後選手だった。1年生から強豪チームのエースという重責を果たしてきた黒後選手。
決勝戦は最後なかなか調子が上がらず苦戦したが、最後に決めて春高2連覇という偉業を達成する。これからの日本代表での活躍に期待しよう。

旧友と熱戦を繰り広げた鍋谷友理枝選手

現在日本代表にも選ばれている鍋谷友理枝選手の2011年、春高バレー準決勝に注目しよう。
相手は下北沢成徳、エースはなんと中学時代のチームメートである大竹選手。二人の父親も学生時代のバレーボールチームメートだ。そんな二人の対決は両エースがスパイクを決めあう一進一退の攻防が続いたが、最後鍋谷友理枝選手のスパイクが決まり、東九州龍谷の勝利で終わる。
そして現在はプレミアリーグのデンソーで再びチームメートとしてプレーしている。

おすすめの記事