「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バレーボール歴代最高到達点を保持する選手5人を紹介!

2017 5/8 19:55tomon
バレーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by CP DC Press/Shutterstock.com

世界で親しまれているスポーツ バレーボール。 2016年のリオオリンピックでは、興奮やまぬゲームで世界中の人々を魅了した。 バレーボールの中でも、強烈なスパイクなどと共に見どころの一つと言えるのが、男子の素晴らしいジャンプ力だ。 そこで、バレーボールで最も注目される最高到達点の歴代最高記録保持者を5名ピックアップした。

世界最高記録保持者「レオネル・マーシャル選手(キューバ)」

最高到達点世界最高記録保持者は、レオネル・マーシャル選手と言われており、383cmだ。日本人の平均が約340cmなので、その驚異的な跳躍力は数字を見れば一目瞭然。
また、垂直飛びが127cmもあり、バスケットボールの伝説的選手マイケル・ジョーダンの122cmを超えている。男子バレーボール・キューバ代表のウィングスパイカーだったが、亡命してイタリアのプロリーグで活躍していた。現在は引退している。
1979年9月25日生まれ、出身はキューバのハバナ、現役時の体格は、身長196cm、体重96kgだった。

カリブの鳥人「ロベルトランディー・シモン選手(キューバ)」

男子バレーボールキューバ代表のロベルトランディー・シモン選手の最高到達点は、記録上では384cmだが、389cmまで届いたことがあるという「鳥人的」な選手だ。
ポジションはミドルブロッカーで、スパイク、ブロックはもちろん、サーブも脅威的な威力を誇る。また、緩急をつけたボールを前に落とすことができるといったハイレベルな技術力の持ち主だ。
1987年6月11日生まれ、出身はキューバのグアンタナモ、身長は206cm、体重は91kgだ。

おすすめの記事