「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本でバレーボールの聖地といえばここ!

2017 4/25 12:52茶色野うさぎ
バレーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by ESB Professional/Shutterstock.com

東京五輪へ向けて若い選手たちが躍動し始めている日本の男女バレーボール。ここではバレーボールをやっている人たちにとって特別な意味を持つ“聖地”と呼ばれている場所について紹介していきます。

バレーボール界の甲子園「国立代々木競技場第一体育館」

東京都渋谷区に位置する国立代々木競技場には、インドアスポーツ施設として2つの体育館や屋内プールが設置されています。
2つの体育館はそれぞれ第一体育館、第二体育館と呼ばれますが、このうち第一体育館のほうは高校野球における甲子園のように、バレーボールに打ち込む高校生にとっては聖地となっています。
一般的には「代々木第一体育館」とよばれるこの聖地では1985年から、いわゆる春の高校バレー“春高”として知られる全国高等学校バレーボール選抜優勝大会が毎年開催されるほか、全日本の男子女子チームが参加するバレーボール世界選手権なども開催されています。

「代々木第一体育館」が聖地となった経緯

春の高校バレーが代々木第一体育館で初めて開催されたのは1985年の第16回大会でした。それまでは同じ東京渋谷区にある東京体育館を使っていましたが、老朽化などもあり代々木第一体育館へ開催場所が変更されました。この時に場所の移動だけでなく日程調整も行って、高校野球の選抜大会と重ならないように変更しています。
人気のある高校野球の大会とずらすことによって高校バレーにも注目してもらおうという主催者側の配慮でしたが、これが功を奏して全国的にも注目度の高い大会へと発展していくことになります。のちに日本代表にも入るようなたくさんの若手有望選手が輩出される大会でもあり、バレーボールに打ち込む子供たちにとってあこがれの大会、場所として確立されていきます。

おすすめの記事