「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本バレーボールを支えてきたスター選手たちのライバル関係

2017 4/25 12:52茶色野うさぎ
バレーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Ververidis Vasilis/Shutterstock.com

日本バレーボールの歴史のなかではたくさんのスター選手が生まれましたが、それと同時にたくさんの人間ドラマも生まれています。今回は、その中でもお互いに刺激を受けながら成長してきたスター選手たちのライバル関係に注目してご紹介します。

バレーボール人気の火付け役となった河合俊一と井上譲

1985年から1990年まで富士フイルムで活躍した河合俊一さんは現在はテレビタレントとして有名ですが、現役時代は端正なマスクと整った前髪で、アイドル的な人気を誇っていました。センタープレイヤーとして1988年のソウル五輪に出場して活躍するなど、人気、実力を兼ね備えた選手でした。
一方で日本鋼管に所属していた井上譲さんも爽やかな笑顔で人気を博し、エース、センターをこなす万能選手として活躍。ソウル五輪に出場する日本代表をけん引する存在でした。河合俊一さんのモテた話が有名ですが、井上譲さんも女性人気が高く、バレーボール人気を支えた一人でした。

スーパーエース山本隆弘を刺激したライバル清水邦弘

攻撃に特化したポジションとして置かれるスーパーエース。現在はオポジットと呼ばれますが、このポジションで2000年から2011年まで日本代表を引っ張ったのが山本隆弘さんです。
201cmという身長と左利きという特徴で早くから将来を期待される存在で、2003年のワールドカップではMVP、ベストスコアラー獲得と個人レベルでは世界的な実力を備えていました。
迎えた2007年ワールドカップではケガの影響もあり同じ左利きのオポジットとして台頭してきた清水邦弘選手にスタメンを奪われる機会も増えますが、これに発奮した山本隆弘さんは少ないチャンスで結果を残して、北京五輪代表に滑り込みました。

おすすめの記事