「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「FIVBワールドリーグ2017」での日本チームの巻き返しに期待!

2017 4/20 11:07kinsky
バレーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by ARZTSAMUI/Shutterstock.com

6月に開催される「FIVBワールドリーグ2017」は、オリンピックやワールドカップが無い年に行われる国際大会として注目を集めています。昨年オリンピック出場を逃した日本、この大会での巻き返しに期待したいところです。

2016年国際大会で惜敗の日本男子バレー

「FIVBワールドリーグ」は今年で28回目を迎えます。「FIVBワールドリーグ2016」を制したのはセルビアで2位がブラジル、3位がフランス、4位がイタリアという結果でした。
オリンピック最終予選で涙を飲んだ日本は、この大会でも成果を出せず、24位という過去最低の結果で幕を閉じました。1993年(第4回・12チーム参加)と2008年(第19回・16チーム参加)の6位が、これまでの日本最高順位です。2016年はファイナルにも進めず、国際大会でも結果を残せない状況が続きました。

オリンピック出場を逃した雪辱は「FIVBワールドリーグ」で!

日本の男子バレーボールチームは「龍神NIPPON」が愛称です。2016年は何よりもリオオリンピックへの出場権獲得が第一目標でした。
5月から6月にかけて行われた「リオオリンピック世界最終予選」に臨んだ龍神NIPPONは、8チーム中7位、2勝5敗という結果で出場権を逃しました。
オリンピック予選が終わって直ぐに開催された「FIVBワールドリーグ2016」の初戦では、フィンランドに勝利し、その後も韓国に勝利しましたが結果は2勝7敗でした。

おすすめの記事