「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「FIVBワールドリーグ2017」強豪チームの現状を探る

2017 4/12 12:06kinsky
バレーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Dziurek / Shutterstock.com

今年開催される男子バレーボールの国際大会が「FIVBワールドリーグ2017」です。昨年の同大会以来久々に結集する日本チームにとって、この大会で結果を残すことが当面の大目標です。そこで、昨年の大会を振り返りつつ、ライバルチームについても紹介していきたいと思います。

昨年の大会はセルビアがブラジルを下し初優勝

昨年開催された「FIVBワールドリーグ2016」は、決勝ラウンドがポーランドのクラクフで行われ、前回2015年大会で準優勝だったセルビアが、当時世界ランク1位のブラジルを破り初優勝を遂げました。
セルビアは準決勝でイタリアをフルセットで下した勢いをそのままに、エースのマルコ・イボビッチ選手が大活躍で大会MVPを受賞しました。3位はフランス、4位イタリア、5位ポーランドとアメリカという結果でした。日本は24位に終わり、過去最も低い順位でした。

セルビアの2連覇に立ちふさがる強豪の厚い壁

リオデジャネイロ五輪の金メダル獲得もあり、2016年8月現在、男子バレーボールの世界ランキングはブラジルが第1位です。「FIVBワールドリーグ2016」を制したセルビアはランク10位となっています。
セルビアは昨年「FIVBワールドリーグ2016」を迎えた時点でリオデジャネイロ五輪出場を逃しており、五輪出場を決めていたブラジル、ポーランドなどの強豪は決してベストメンバーで臨んだとは言えず、モチベーションが低い強豪チームもありました。そうした状況の中、漁夫の利で優勝したセルビアだけに、今回2連覇は厳しいとみられています。

おすすめの記事