「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年インターハイ女子バレー注目校!古豪の八王子実践

2017 4/12 12:06Ai Sugimoto
バレーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Pavel L Photo and Video/Shutterstock.com

2017年7月に開催される全国高等学校総合体育大会(以下、インターハイ)バレーボール女子において活躍が期待される高校の1つが、学校法人矢野学園八王子実践(はちおうじじっせん)高等学校女子バレーボール部(以下、八王子実践)だ。ここでは八王子実践の強さに迫る。

オリンピックやVリーグに選手を多数輩出する八王子実践

八王子実践は1926年に開校された東京都の私立高校で、女子バレーボール部は、1958年に創立された。
八王子実践の卒業生には、多数のオリンピック選手がおり、銅メダルを獲得した1984年のロサンゼルスオリンピックをはじめ、ソウルオリンピックやバルセロナオリンピック、最近ではロンドンオリンピックにも卒業生が出場している。Vリーグにも多数の卒業生がおり、最近ではJTマーベラスに所属する金杉由香選手などが活躍している。

全国大会に80回以上出場している八王子実践

創部から55年以上を迎える八王子実践は、学校側の公表によると、これまで全国大会に82回出場している。そのうち全日本バレーボール高等学校選手権大会(以下、春の高校バレーボール大会)には36回、インターハイには35回、国民体育大会(以下、国体)には12回出場している。
八王子実践は直近におこなわれた第69回春の高校バレーボール大会において、静岡県代表の静岡県富士見高等学校に勝利し、ベスト8に入り、その前の第68回大会では準優勝している。  

おすすめの記事