「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

金蘭会、2017年インターハイ女子バレー注目校!

2017 4/12 12:06Ai Sugimoto
バレーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://thepage.jp/osaka/

2017年7月に開催される全国高等学校総合体育大会(以下、インターハイ)バレーボール女子において活躍が期待される高校の1つが、学校法人金蘭会(きんらんかい)学園金蘭会高等学校女子バレーボール部(以下、金蘭会)です。ここではインターハイの活躍が期待される、金蘭会の強さに迫ります。

女性らしさと粘り強さを備える金蘭会の選手たち!

金蘭会は大阪府の私立女子高校で、創立100年を超える歴史があります。授業には茶道や華道といった女性の感性を磨く課目が取り入れられています。
金蘭会女子バレーボール部は2007年に創部された比較的若い倶楽部でが、その成長速度は群を抜いています。創部から8年目の2014年には高校3大大会(インターハイ、国民体育大会(以下、国体)、全日本バレーボール高等学校選手権大会(以下、春の高校バレーボール大会)を総なめにしたのです。全ての大会において初優勝ということもあり、当時は大きな話題になりました。 こうした成績を残せたのも、選手たちが日々懸命に練習や試合に取り組んだ結果です。

上位連続入賞の全国大会!

金蘭会は中学校、高校ともに全国大会で成果を出しているチームです。高校で活躍する選手の中には、中学校から進学してきた選手も多数在籍しています。高校デビュー当初から、高い身体能力と抜群の得点力で注目を集めている宮部藍梨選手もその一人です。
春の高校バレーボール大会では大阪府代表として第64回大会から6年連続6度目の出場を果たしています。第67回春の高校バレーボール大会で初優勝を果たし、第68回、第69回大会ではベスト4まで勝ち残りました。

おすすめの記事