「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2年生コンビに注目したい洛南男子バレーのインターハイ2017

2017 4/12 12:06吉田 和喜
バレーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 margostock / Shutterstock.com

全国大会の常連校として名を連ねる洛南高校。2017年インターハイでは優勝候補として注目されています。そこで洛南高校の強さの秘密から試合の見どころまでご紹介します。

空海に源流を発する洛南高校

京都のバレーボール強豪校として知られる洛南高校。歴史は古く、天長5年に空海が設立した日本初の私立綜芸種智院が源流とされています。規律正しい風紀が特徴で毎年、東京大学、京都大学といった日本難関大学に合格者を多数出す日本有数の進学校です。
またバレーボール以外でもバスケット、陸上、体操種目などで全国クラスの成績を上げる部活動が盛んな学校でもあります。勉学とクラブ活動を通して、空海の教えである、正しい道を歩む生徒の育成に努めます。

洛南高校出身の有名選手

洛南高校はこれまでにも多くの実力派選手を輩出してきていますが、中でも特に有名なのは福澤達哉選手でしょう。洛南高校時代にはチームを率いて日本一に大きく貢献。その後、中央大学在学中に全日本代表にも選ばれ、2005年のワールドリーグで代表デビューを果たします。
そして、北京オリンピックでは清水邦広選手とともに最年少で出場し、テレビでも取り上げられ、一躍有名人となりました。その後パナソニックパンサーズに入団し、新人賞を獲得するなど、日本男子バレーをけん引してきた選手です。

おすすめの記事