「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

男子バレーインターハイ2017!優勝に向けて好発進の開智高校

2017 4/12 12:06吉田 和喜
バレーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Paolo Bona / Shutterstock.com

開校以来22年連続で春高バレーに出場している開智高校。インターハイ2017での全国優勝に向けて好発進しています。開智のこれまでの活躍と、インターハイに向けてのチーム状況をご紹介します。

開校以来22年連続春高バレー出場の開智高校男子バレー部

1993年に開校した開智高校(以後、開智)。毎年東京大学をはじめとした最難関大学に合格者を多数出す、日本でも有数の進学校です。文武両道の校風で、男子バレー部も、設立以降連続春高バレー出場という記録を更新し続けています。
男子バレー部は開智高校の教育目標でもある「品位・品格を備えさせる」の実践のため、学力や全国レベルのバレーボール技術だけでなく、普段の挨拶や他の人への敬意を示すことも徹底されており、コートの内外問わず評価が高いのが特徴です。

開智出身の有力選手たち

そんな開智出身の実業団選手や大学生選手も多くいます。V1リーグで2002年に新人賞、2003年に最優秀賞を受賞し、現在はFC東京のコーチとして活躍する福田誉氏も開智出身です。現役の実業団選手では堺ブレイザーズの佐川翔選手やFC東京の和中謙治選手など。
また開智出身の米澤寛武選手は近畿大学に進学し、関西リーグ優勝に貢献し新人賞を獲得しています。このように多くの実業団選手や大学生選手が開智出身で活躍しています。

おすすめの記事