「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

3年生Wエースでインターハイ2017全国制覇狙う仙台商業男子バレー

2017 4/12 12:06吉田 和喜
バレーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Paolo Bona / Shutterstock.com

2017年初の春高バレーベスト8まで進出した仙台商業ですが、その時の中心メンバーは現在の新3年生。全国で積んだ経験を活かして今年こそ初の全国大会制覇へと活気だつチームの様子をお伝えします。

文武両道でスポーツ盛んな仙台商業

ここ数年、バレ-ボール東北の強豪として知られるようになってきた仙台商業高等学校(以下、仙台商業)。卒業後即戦力となれる人材育成に力を入れ、就職先にも東北電力やトヨタ自動車など一流企業が並びます。そして文武両道で部活動にも力を入れているのが特徴。
特に体育館を使用するハンドボール部、バスケットボール部、バドミントン部そしてバレーボール部の活躍が大きく、県大会を勝ち抜き東北大会や全国大会で活躍する強豪校です。それでも私学のような大きな体育館はなく、男子バレー部は限られた練習時間の中で集中してプレーに取り組むことで結果を出しています。

成績を上げてきている仙台商業男子バレー

仙台商業の男子バレーは全国的に見ればそこまで歴史が古いわけではありません。ただし2017年の春高バレーですでに4年連続5度目の出場、インターハイとあわせて8大会連続全国出場と、全国大会常連校になりつつあります。
すでにご紹介しましたが、仙台商業の男子バレー部には専用体育館があるわけではなく、ほかの運動部と共有しているために、平日の練習時間も2~3時間と環境は決して恵まれていません。それでも2017年の春高バレーではベスト8まで進み、あと1勝で念願のセンターコートでした。徐々に成績を上げてきている仙台商業がインターハイ2017で狙うのは初の全国制覇です。

2017年春高バレーで証明した若手チームの力

仙台商業にとって初のベスト8進出の原動力となったのは1・2年生を中心としたメンバーでした。特に先発メンバーには3年生が1人もいません。
そのため、春高バレーで活躍したメンバーそのままでインターハイ2017へと挑むことが出来ます。これは多くのライバル校が世代交代し、新体制チームとして慣れるのに時間を費やす中、大きなアドバンテージとなります。実際、チームとしての成熟度は3年生が引退後すぐ行われる新人戦の結果からも見て取れます。

新人戦で見せた圧倒的なチーム力

2017年には宮城県の新人戦が開かれました。トーナメント方式で上位4チームを決定した後、その4チームで総当りリーグ戦を行う形式。仙台商業はもちろん決勝リーグへとコマを進めましたが、決勝リーグでも3戦全てで2セット連取のストレート勝ち。
相手校には「1セットも20点以上取らせない」という終始圧倒的な試合展開でした。県内の新人戦の結果を見てもわかるように、2017年の仙台商業の実力は際立っています。

インターハイ2017では”2人”に注目!

仙台商業は、ほぼ確実に2017年のインターハイでも全国へと勝ち進むと期待できますが、試合では新3年生Wエースの小林選手と我孫子選手の活躍に注目しましょう。どちらも身長は186cmと181cmと全国の舞台では高いわけではありませんが、チームで粘って拾い上げたボールを最後に決めるのは、ほとんどがこの二人です。春高ベスト8を決めた試合では、二人で45得点を獲得しました。
そして春高バレーの後、リベロの鈴木選手を含めた3人が将来のオリンピック選手育成のジュニアオールスターとして選出されているので、そこで得た成果にも注目です。

まとめ

これまでに8大会連続全国出場と波に乗る仙台商業。新人戦の圧倒的な活躍を見れば、インターハイ2017での全国での活躍も大いに期待できます。創部以来初の全国制覇を目指して活躍するWエースのプレーに注目しましょう。

関連記事

おすすめの記事