「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

再び東亜学園の名前を全国に!注目の男子バレーインターハイ2017

2017 4/12 12:06吉田 和喜
バレーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Pavel L Photo and Video/Shutterstock.com

1983年にノーマークから初優勝を遂げ、「ミラクル東亜」として日本全国に東亜学園の名が知れ渡たった。2017年インターハイに向けて全国制覇を狙う、東亜学園新体制について紹介する。

奇跡を起こしてきた東亜学園の歴史

バレーボールで東亜学園と聞くと、1983年に第14回春高バレーでノーマークから優勝を果たした「ミラクル東亜」や「ミラクル東亜の再来」と呼ばれた2007年の第38回春高バレー優勝を思い浮かべる人も多いかもしれない。
関東有数の強豪校として、全国大会に毎年のように出場し、これまでに全国制覇も8回達成している。そんな強豪校なので、日本で有名な男子バレーボール選手の中にも東亜学園出身の選手が多くいる。

東亜学園出身の名プレーヤーたち

日本のバレー界をけん引してきた、そしてこれから全日本での活躍が期待されるような東亜学園出身の選手が多くいる。少し昔に目を向けると、全日本ではキャプテンも務め、2004年アテネオリンピックにも出場した細川延由選手は、東亜学園時代に高校3冠を果たしている。
また最近では、春高でノーシードから優勝した時の中心メンバーで、その時の最優秀選手にも選ばれている、当時3年生だった山本湧選手が、2014年にサントリーサンバーズに入団。日本では珍しい攻撃型セッターとしてこれからが期待されている。またほかにも栗山英之選手や高橋拓也選手が東亜学園出身で、最近実業団へ入団している。

おすすめの記事