「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

昨年3冠の駿台学園男子バレー部!インターハイ2017に向け好発進!

2017 4/12 12:06吉田 和喜
バレーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Billion Photos/Shutterstock.com

2016年のインターハイから2017年初の優勝まで3冠の偉業を達成した駿台学園。世代交代の後も常勝軍団へと向けて練習をスタートさせています。2017年のインターハイに向けた駿台学園のプレーに注目です。

駿台中学から始まるバレーの英才教育

駿台は駿台高等学校に加えて駿台学園中学校もある中高一貫校です。「未来の世界に求められる人を作る」をコンセプトに世界6か国に13校の姉妹校・交流校を持つ、国際教育にも力を入れた進学校です。そしてバレーを”校技”ととらえ、駿台中学からすでにバレー教育が始まります。そのため、これまでに全国大会に12回出場し、優勝5回・準優勝4回と圧倒的な強さを持ちます。
そして全国の空気を知る有力選手が、そのまま駿台高校男子バレーに進むのです。駿台高校で初の3冠を達成した中心メンバーも、中学で全国制覇したメンバーが中心でした。

駿台が主役だった2017年春高バレー

2017年の春高バレーは、なんといっても駿台が主役でした。中学で全国制覇を成し遂げた質の高いメンバーを中心に、都予選は危なげない展開で7年連続9回目の優勝を決めました。また東京体育館で行われた春高でも、なんと準決勝までは相手に1セットも与えず、圧倒的な展開。
そして決勝の相手は打倒・駿台に燃える同じく東京代表の東亜学園。東京勢同士での決勝は史上初でした。最初のセットを18-25で落としてしまいますが、そこからは安定した3セットを連取し、初の春高優勝に輝きました。

新体制の強さを実証した新人戦

圧倒的な強さを誇り3冠を果たした3年生メンバーが引退し、世代交代が行われた駿台ですが、2017年インターハイはどうなるのでしょうか。その試金石ともなる新人戦ですが、駿台は当然の第一シードで準々決勝からの登場。対戦相手は早稲田実業でしたが、2セット連取で圧倒。準決勝の足立新田も2セット連取で下します。
決勝の相手は春高決勝の相手でもあった東亜学園。22-25、25-20、25-18と最初のセットを落として、春高の試合を思い出させるような展開でしたが、その後は2セットを連取して新人戦を制しました。世代交代を終えても強い、2017年の駿台男子バレーにも期待しましょう。

実業団顔負けのデータバレー

駿台の試合を観戦するときには、緻密に計算されたデータバレーに注目しましょう。中学から有名な選手が集まる駿台バレーは力強いですが、それだけでは全国の強豪を相手に常勝軍団にはなれません。強さの秘密は実業団顔負けの情報分析にあります。
3年生の吉田拓馬選手はバレー専用の分析ソフト「データバレー」を使いこなし、相手チームのウィークポイントや攻略法を見つけ出します。常勝軍団の陰で活躍する、吉田選手のような隠れた功労者にも注目するとより試合が楽しめます。

常勝軍団・駿台バレーに挑むライバル

常勝軍団として技術と知能をもって試合に臨む駿台バレー部に立ち向かうライバルは、意外と近くにいます。それが東亜学園です。いつも都予選で顔を合わせる相手で、手の内も知り尽くしています。いつも相手にしているからこそ東亜学園の「打倒・駿台」の想いはどこよりも強いです。
実際、新体制の新人戦で駿台相手に唯一セットをもぎ取ったのは東亜学園でした。都予選から全国レベルの試合を楽しめる、そんな東京勢2校の試合に注目してみるのもいいかもしれません。

まとめ

常勝軍団として3冠を果たした駿台高校。世代交代にも成功し、2017年のインターハイにも注目です。決して勝者として驕らずに、相手を分析して着実に攻略していく駿台のデータバレーには王者の貫禄があります。同じ都内にはライバルの東亜学園もいるので、都予選から駿台男子バレーを観戦しに行きましょう。

関連記事

おすすめの記事