「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バレーボールの頂点を決めるインターハイ2017の注目選手ベスト5!

2017 4/12 12:06吉田 和喜
バレーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Pavel L Photo and Video/Shutterstock.com

日本高校バレーの頂点を決める夏のインターハイ。毎年のように将来、日本バレーを背負っていくであろう新しい選手が活躍し話題となる。ここでは2017年のインターハイで注目したい、将来エース級の選手を紹介する。彼らの実績や躍動感溢れるプレーに注目しよう。選手のことを少し詳しくなるだけで、バレー鑑賞が楽しくなるはずだ。

未来の日本を背負う2m越えの「佐藤駿一郎選手」

世界に比べると日本のバレーは、技術は高くても平均身長で10cm以上差をつけられ、高さで圧倒される傾向が強い。そんな日本バレーで将来活躍が期待されるのが、現在東北高等学校のエースとして活躍する佐藤駿一郎選手(2年)だ。
2m04cmの大型選手で中学時代から注目されており、全国中学選抜代表アタッカーとして活躍していた。高い身長を生かした壁のようなブロックは相手選手にとって脅威。強豪東北高校でエースとして4番を背負い、インターハイでも活躍が期待されている。

パワフルブロックで強敵を倒していく「東谷玲衣奈選手」

2016年春高で、1年生ながら八王子実践高校のエースとして活躍し、話題となっている東谷玲衣奈選手(3年)。ガーナ人の父と日本人の母を持つハーフである。中学生時代から全国都道府県対抗中学大会で優秀選手に選ばれるなど、才能を開花させている。
全国区の知名度となったのは2016年春高バレーで連覇をかける金蘭会高校相手に、両校最多の27得点を決めて勝利した時からだ。しかもこの時、全国のセンターコートに立つのは初だったというから、力だけでなくメンタル面の強さにも目を見張るものがある。彼女が繰り出す最高到達点297cmからのブロックやスパイクに注目しよう。

おすすめの記事