「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ワールドカップバレー歴代公式サポーターを務めたのはこのグループ!

2017 3/22 18:27Mimu
バレーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Sisacorn/Shutterstock.com

ワールドカップバレーといえば、公式サポーターの方たちが華やかに盛り上げてくることも多い。 今ではお祭りのような雰囲気も持っているが、いつからこういった1面も持つようになったのだろうか。

今や公式サポーターといえばジャニーズグループがおなじみに

近年ワールドカップバレーの公式サポーターを務めるのは、ジャニーズグループがおなじみになっている。2011年、2015年は2大会連続でSexy Zone、2007年大会ではHey! Say! JUMPが務めていた。
では、いつからジャニーズとバレー界がこれほど良好な関係を築くようになったのだろう。ワールドカップバレーの歴代公式サポーターについて注目する。

初めて公式サポーターを務めたのはV6

ジャニーズグループが初めてワールドカップバレーの公式サポーターに選ばれたのは、1995年のことだ。20年以上もジャニーズはバレーボール大会を応援してきたということになる。
ジャニーズグループとして最初に公式サポーターを務めたのは、V6だった。94年に発足したVリーグのイメージキャラクターとして結成され、翌年のワールドカップバレーでも公式サポーターとして起用された。つまりV6のVは、VリーグのVでもあるのだ。そしてこれ以降、このポジションはジャニーズの若手グループが務めていくことになる。

おすすめの記事