「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

春高バレーの結果を踏まえた2017インターハイ注目選手たち

2017 3/8 11:01tomon
バレーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Ververidis Vasilis / Shutterstock.com

現在の高校の3大バレーボール大会は、国体と春高バレーとインターハイです。 2016年のリオオリンピックでの日本人の活躍でも分かるとおり、日本のレベルは世界レベルとなっています。 ここでは、次回東京オリンピックで期待できる、2017年インターハイの注目選手を5名紹介します。

星城高校3年生:都築仁選手(ウイングスパイカー)

愛知県にある星城高校の都築仁は、全日本メンバーの石川祐希の後輩にあたる。全日本選抜メンバーでU-19の現役高校生は都築ただ一人。将来日本を背負って立つ194センチの長身ウイングスパイカーとして注目されている。
星城高校の昨年の成績は全国高校総体でベスト4まで勝ち進み、春高バレーでは愛工大名電を5セット目で破り愛知県代表に。しかし、新潟県代表の上越総合技術高校と対戦し、セットカウント1-2で残念ながら敗退となった。

上越総合技術高校3年:新井雄大選手(ウイングスパイカー)

新潟県にある上越総合技術高校の新井雄大は全日本選手レベルの最高到達点342センチの記録を持ち、千葉賢一監督に「化け物」と言われるほど。実力を発揮した中学の頃に全日本中学選抜に選ばれ、2016年には日本ジュニアオールスタードリームマッチのメンバーに抜擢。2017年春高バレーの1回戦では2-1で星城に勝利し、2回戦で1-2で駿台学園に敗退した。

おすすめの記事