「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

パラリンピックの人気種目、シッティングバレーボールの基礎知識

2017 2/16 10:10
バレーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by A.RICARDO/Shutterstock.com

座った状態で行うシッティングバレーボールは、健常者も障がい者も一緒に楽しむことができるスポーツとして年々人気が高まってきています。今回はパラリンピックの正式種目でもあるシッティングバレーボールの基礎知識をご紹介いたします。

シッティングバレーボールの歴史

シッティングバレーボールは1956年にオランダで考案されたスポーツです。もともと戦争などでケガや障がいを持ってしまった人のために、床に座ってボールを使ったリハビリテーションが行われていましたが、これにバレーボールを取り入れることでシッティングバレーボールという形になりました。
翌年の1957年にはスポーツとして大会を行い、このときにいろいろな協議を重ねてルール作りが行われました。この時の団体が1961年に障がい者スポーツ協会を立ち上げ、現在に至るシッティングバレーボールの基礎が作られたわけです。

シッティングバレーボールのルール

ネットの高さが男子1.15m、女子1.05mとなっていることを除けば、基本ルールはバレーボールとほぼ同じです。サーブ権のあるなしにかかわらずポイントが入るラリーポイント制で、ローテーションもあります。
一番の特徴は、基本的に臀部(おしり)が常にコートについていないといけないというルールです。スパイクやブロックのときに臀部がコートから離れるとリフティングという反則になります。そのかわり、レシーブの時は短時間であれば臀部が離れることが許容されています。このため、座っている状態であってもダイナミックなレシーブが可能になり、競技を面白くしています。

おすすめの記事