「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本女子バレー界の宝!中田久美さんの功績まとめ

2017 1/10 23:42
バレー ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.fujitv.co.jp/

バレーボールに興味にある人なら、「中田久美」という名前を知らない人はいないはずだ。 リーグでの活躍はもちろん、日本代表での存在感や指導者としての実績も頭一つ抜けている中田久美さん。 その偉大な功績をまとめた。

日本女子バレーの歴史をつくった中田久美さんとは?

中田久美さんのバレー人生は、日本女子バレーの歴史そのものといっても過言ではないだろう。
2016年現在51歳の中田久美さんは、プレミアリーグのトップチームである久光製薬スプリングスの総監督であると同時に、バレーボール全日本女子の監督も務めている。1982年に生沼スミエさんが選ばれたのに続いて、2人目の女性監督となった。女子の代表チームの監督は男性であることがほとんど。女性がナショナルチームの監督になるのは、きわめて異例のことなのだ。

15歳で日本代表!中田久美さんの異例づくしのキャリア

日本女子代表の監督に加えて、コメンテーターやタレントとしても活躍している中田久美さん。なぜ彼女はそのような人望を得ているのだろうか。
中田久美さんのキャリアは独特だ。中学入学と同時にバレーを始めたという中田さん。通例なら小学生から始めるのがほとんどなので、まずこの時点で異例だ。しかも、学校のクラブではなく、日本女子バレーの黄金期を支えた山田重雄監督の率いる「LAエンジェルス」に入団して英才教育を受けたのだ。その結果、なんと15歳(中学3年生)で日本代表に選ばれることに。
中学卒業後は進学せず、日本リーグでバレーボールの本格的なキャリアをスタートさせる。現在は中卒のプロスポーツ選手はよく見られるが、当時では前代未聞のことだった。

おすすめの記事