「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

夢と感動と愛を与えた日本バレー界の偉人5人

2016 7/23 23:12
バックグラウンド
このエントリーをはてなブックマークに追加

バレーボールを愛する方へ。これまでに活躍してきた数々の名監督、名選手について詳しく知りたいですよね。
今回は、これまでに夢と感動と愛を与えてきた日本バレーボール界の偉人たちをご紹介します。

日本人に感動を与えてくれた「鬼の大松」こと大松博文

1964年の東京オリンピックで、「東洋の魔女」と呼ばれた全日本女子バレーボールチームが金メダルを獲得しました。監督は「鬼の大松」こと大松博文。高度経済成長真っ最中の昭和30年代に、体格で劣る諸外国を相手に世界一を勝ち取ったことは、国民に感動を与えてくれたことでしょう。その後大松博文は周恩来の招きで中国に渡り、1ヶ月間中国女子バレーチームを指導。中国女子バレーチームの礎を作りました。日本だけでなく他国のバレーボールの発展に寄与した大松博文はまぎれもなく「バレーボール界の偉人」です。

日本人に愛されるバレーボールを築いた松平康隆

監督として全日本男子バレーボールチームに金メダル、銀メダルの2つのメダルをもたらした松平康隆も「バレーボール界の偉人」といえるでしょう。時間差攻撃やクイック攻撃などを生み出したことでも知られる松平康隆は、「春高バレー」の創設や「Vリーグ」の発足に奔走し、ジャニーズ事務所のアイドルに大会のイメージキャラクターを務めさせるなどバレーボールの普及に力を入れてきました。また「バレーボールワールドカップ」が恒久的に日本で開催することとなったのも松平康隆らの尽力によるものです。現在、日本にバレーボールが広く根付いているのは、松平康隆の功績といえるでしょう。

名セッターから名将へ!「愛」を持って選手に接する中田久美

日本女子バレー史上初となる3度の五輪出場を果たした中田久美も「バレーボール界の偉人」のひとりです。史上最年少の15歳で全日本代表に選出された中田久美は、その後10年以上に渡り一線級の選手として活躍。引退後は海外での指導者経験を積み、その後、Vリーグの久光製薬スプリングス監督に就任しチームを優勝に導くなど指導者としても結果を残しています。テレビ番組の放送時に浮かれていた選手を一喝するといった厳しい面を持つ中田久美の指導者としての手腕にも期待が持てそうです。

大きな「夢」を実現!大林素子

バレーボール中継のレポーターやバラエティ番組で活躍中の大林素子も「バレーボール界の偉人」と呼べる存在です。大林素子は中田久美に続いて日本女子バレー史上2人目となる「3大会連続オリンピック出場」を果たしただけでなく、1995年1月からは日本人初のプロバレーボール選手としてイタリアのチームで活動を開始しました。プロ契約や海外移籍という「夢」を実現させた大林素子は日本女子バレーボール界の歴史を作ったひとりであるといっても過言ではありません。

後輩に夢を与えた「日本人初のセリエAプレーヤー」、加藤陽一

かつて全日本男子バレーボールチームのエースとして活躍した加藤陽一も、日本のバレーボール界の歴史に名を残しているひとりです。加藤陽一は全日本で活躍中の2002年に、世界最強といわれるイタリア・セリエAのチーム移籍。「ベンチを温めにきた日本人」などと揶揄されながらもセリエAのオールスター戦で外国人選抜に選ばれるなど活躍を見せました。日本のバレー界に海外移籍という道を拓いた加藤陽一も、間違いなく「バレーボール界の偉人」に数えられます。

まとめ

全日本男子バレーボールチームの「龍神NIPPON」、全日本女子バレーボールチームの「火の鳥NIPPON」も数々の「偉人」が築き上げた歴史の上に成り立ってると考えると、よりバレーボール観戦も興味深いものになりそうですね。

以上「夢と感動と愛を与えた日本バレー界の偉人5人」でした。

関連記事

おすすめの記事