「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高校時代から活躍していたバレーボール選手は?

2016 10/12 03:34
バレーボール 女子
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by anucha maneechote / Shutterstock.com

野球やサッカーでは日本代表のトップチームに高校生が選ばれることはまずない。 しかし、バレーボールの世界では”スーパー高校生”として日本代表入りして世界の舞台で活躍する選手が出てくる。 今回は高校時代に日本代表入りした選手たちを紹介する。

天才少女”中田久美”

高校生どころか中学生時代に全日本入りした強者もいる。それは、全日本で主将も務めた中田久美だ。 中田久美は弱冠15歳で全日本入りし、試合にも出場している。セッターのイメージが強い中田久美だが、代表入り当初はセンターだった。中学を卒業して日立入りした後にセッターへ転向しているのだ。
セッターに転向した後も日本代表入りを果たし、ロサンゼルス・オリンピックで銅メダルを獲得するなど、世界の舞台で活躍した。現在は指導者として後進の育成に努めている。

”メグカナ”で大ブレイク”大山加奈”

栗原恵と”メグカナ”コンビで活躍した”パワフル・カナ”こと大山加奈も高校デビューの選手だ。 大山加奈は小学生時代に全国優勝を果たした時から注目されていた。バレーボールの名門である成徳学園に進学して高校でも全国制覇を達成し、17歳で代表入りを果たす。2002年の世界選手権では高校生として唯一の出場を果たした。
以降はケガに悩まされるが、2009年まで日本代表として活躍する。現在はリポーターなどで活躍している。

おすすめの記事