「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

男子バレー日本代表唯一無二の名監督 「松平康隆」

2016 10/12 03:34
男子バレー ミュンヘン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Nielskliim/Shutterstock.com

ミュンヘンで日本チームを金メダルに導いた名将、松平康隆監督について知りたいと思わないだろうか。 今回は彼の功績をミュンヘンオリンピックの試合を振り返りながら紹介する。

ミュンヘンの奇跡は作り上げられたもの!?

男子バレーの名監督といえば、やっぱり松平康隆監督だろう。1964年の東京オリンピックではコーチとして日本の銀メダル獲得に貢献。1965年からは監督を務め、1968年のメキシコオリンピック銀メダルへと導いた。
しかし、松平監督の最大の功績は、ミュンヘンオリンピックでの金メダルだ。準決勝のブルガリア戦ではいきなり2セットを連取され、0-2と絶体絶命に陥ってしまったが、3セット連取で取り返して歴史的な逆転勝利を収めると、その勢いのまま決勝戦で東ドイツにも勝利。いまだ「ミュンヘンの奇跡」と呼ばれるほど劇的な展開で金メダルを獲得した。
一般的には奇跡的な大逆転勝利をおさめたという認識しかされていないこの出来事だが、実はここまでの道のりには松平監督によってたくさんの伏線が張り巡らされていたことはご存知だろうか?

バレーにかける熱意は国をも動かす

まずミュンヘンの伏線その1、それは松平監督の” 情報収集力“だ。松平監督は徹底したデータバレーを行っていたのだが、当時西側陣営についていた日本は東側陣営の情報が簡単に手に入るような環境ではなかった。特にソ連に関してはいわゆる「鉄のカーテン」に阻まれていたこともあり、内部の情報が完全に遮断されていた状態。そこで、松平監督はあえてソ連の近隣国であるスウェーデンやフィンランドに遠征を行い、ソ連の動向を探る(あくまでバレーボールソ連代表チームの動向だが)。
さらに、東ドイツに関してはもっとすごい行動力を見せる。当時日本と東ドイツはまだ対戦した経験がなく、ほとんど情報は無かった。そこで、松平監督は何とか東ドイツを日本に招致すべく、東ドイツ工芸品展覧会のタイアップ企画として日本vs東ドイツの親善試合を企てる。
そして、それを当時の佐藤栄作政権で外務大臣を務めていた愛知揆一に直談判。その甲斐あってか、この試合は実現し、日本は徹底的に東ドイツの情報を収集することに成功したのだが、それだけでなく、なんとこれがきっかけで日本と東ドイツの間に国交が樹立されたのだ。バレーにかける熱意は政治的な影響まで与えた。

おすすめの記事