「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

男子バレー日本代表の名スパイカーにはどんな人がいるの?

2016 10/12 03:34
男子バレー スパイク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Tatiana Popova/Shutterstock.com

どちらかと言うと繋ぐバレーの印象が強い日本にも、多くの名スパイカーが存在した。 今回は、日本バレーを彩ってきた名スパイカーを紹介する。

アイドル的な人気も!"中垣内祐一"

福井県出身で筑波大学に進学した中垣内祐一氏は、類まれなるジャンプ力を武器に多くのスパイクの山を築いた。
1990年に現在の堺ブレイザーズに入団し、スーパーエースとして存在感を示す。全盛期のジャンプ力は1メートルを優に超えていたことは、今でも語り草になっている。 全盛期の1992年にバルセロナオリンピックに出場し、日本のエースとしても活躍。
その後はチームキャプテンとしても存在感を示す。 2000年のシドニーオリンピック出場権を逃して代表を引退してしまったが、アイドル的な人気を誇る名選手だった。

Bクイックの申し子!"三橋栄三郎"

日本人はどうしても身体能力的に他国に劣りがちなので、トリッキーなプレーで相手を翻弄する戦術が必要になることもある。
そんな中、Bクイックを大の得意とする選手に三橋栄三郎氏(以下敬称略)がいた。1982年に当時最強の富士フイルムに入団して、日本リーグで優勝の常連となった選手だ。
もちろん、三橋自身もスパイク賞を何度も獲得しており、その活躍が認められて1984年のロサンゼルスオリンピックに出場する。得意のBクイックは、あまりの高速さに相手がついていけなかった。

おすすめの記事