「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バレーボールのオリンピック歴代女子日本代表を紹介

2020 6/10 11:00SPAIA編集部
全日本女子バレーボール監督の中田久美Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

オリンピック女子バレーボール歴代日本代表

・1964年東京オリンピック
金メダルを獲得した日本女子バレーは「東洋の魔女」と呼ばれ、その強さを広く世界に知らしめた。出場メンバーは、ユニチカの前身である大日本紡績代表女子バレーボールチーム日紡貝塚の選手が中心。監督は大松博文、主将は河西昌枝。

・1968年メキシコオリンピック
銀メダルを獲得。監督は 山田重雄、主将は 吉田節子。男子バレーボールも同じく銀メダルを獲得。

・1972年ミュンヘンオリンピック
銀メダルを獲得。監督は小島孝治、主将は松村勝美。この年男子バレーボールが悲願の金メダルを獲得。

・1976年モントリオールオリンピック
2度目の金メダルを獲得。東京オリンピック以来、12年ぶりに女王の座へ返り咲いた。チームの愛称は「新・東洋の魔女」。監督は 山田重雄、主将は飯田高子。選手は日立所属のメンバーが中心。

・1980年モスクワオリンピック
政治的な問題で出場を辞退。

・1984年ロサンゼルスオリンピック
銅メダルを獲得。監督は山田重雄、主将は 江上由美。史上最年少の15歳で全日本に選出された中田久美が出場。

・1988年ソウルオリンピック
結果は4位。監督は 山田重雄、主将は丸山由美。

・1992年バルセロナオリンピック
結果は5位。監督は米田一典、主将は 佐藤伊知子。

・1996年アトランタオリンピック
カナダと並んで9位。監督は吉田国昭、主将は中西千枝子。

・2000年シドニーオリンピック
未出場。

・2004年アテネオリンピック
アメリカ、韓国、イタリアと並んで5位。監督は柳本晶一、主将は 吉原知子。

・2008年北京オリンピック
イタリア、ロシア、セルビアと並んで5位。監督は柳本晶一、主将は竹下佳江。

・2012年ロンドンオリンピック
銅メダルを獲得。監督は真鍋政義、主将は荒木絵里香。

2016年リオデジャネイロオリンピック ブラジル、韓国、ロシアと並んで5位。監督は眞鍋政義、主将は木村沙織。

2009年より日本女子バレーボール日本代表の愛称は「火の鳥NIPPON」。心に情熱の炎を燃やし、スピード感のあるプレイで世界の頂点を目指して欲しいという願いが込められている。

圧倒的な強さで金メダルを獲得した「東洋の魔女」

1964年東京オリンピックのメンバーは、1961年の欧州遠征で22連勝し圧倒的な強さを誇っていた日紡貝塚女子バレーボールチーム。人呼んで「東洋の魔女」。その強靭さで各国の強豪を破り、見事金メダルを獲得した。

1962年の世界選手権後に引退を考えていた大松監督とメンバーだったが、日本バレーボール協会幹部やファンから「東京オリンピックにぜひ参加して欲しい」という強い要望があり、これを受けてメンバーは2年後のオリンピックまで続けることを決意。厳しい練習と社業をこなすハードな日々を送った。

ストレート勝ちで2度目の栄冠を勝ち取ったモントリオール

1976年モントリオールオリンピックへでは山田重雄監督のもと、1セットも落とすことなく決勝に進み、宿敵ソ連と対決する。過去に2回、オリンピック決勝で屈した因縁の相手だったが、「ひかり攻撃」などスピード感ある試合展開で見事ストレート勝ち。64年の東京オリンピック以来女王の座へ返り咲いた。

20世紀最後のメダル獲得となったロサンゼルス

1984年のロサンゼルスオリンピックでは、山田重雄監督のもと選手一丸となり見事銅メダルを獲得した。しかし、これを最後に日本女子バレーボールは2012年のロンドンオリンピックまでメダルを獲得することはなかった。

チームの司令塔であるセッターとして活躍したのは、史上最年少の15歳で日本代表に選ばれた中田久美。中田は2020年開催予定だった東京オリンピックの監督にも就任している。

おすすめの記事