「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

おすすめトライアスロン大会を紹介!関西エリア編

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

中級者向け!ジャパンショートトライアスロン赤穂大会

「ショート」という名前の通り、トライアスロンの大会では比較的コース設定が短い大会です。午前の部では、スイム500m・バイク20km・ラン5kmというコースになっています。上級者向けの大会では、これら各種目のコースが倍近い距離になります。ですから、中級者にはこれらくらいの距離がちょうど良いと言えるでしょう。
開催地は兵庫県の赤穂海浜公園で、アクセス、安全性共に信頼できる場所となっています。また、参加資格にも特別な制限がない点も魅力です。

上級者向け!大阪トライアスロン舞洲大会

大阪トライアスロン舞洲大会は、その名の通り大阪市の舞洲で行われる大会です。参加する種目にもよりますが、豊富な体力とトライアスロン経験が求められるコース設定となっており、一番過酷な種目はスイム1.5km・バイク40km・ラン10kmの合計51.5kmです。参加定員は600人とされています。
トライアスロンは、3種目のいずれかがが得意なだけで挑戦することはおすすめできません。コースが短く易しい設定であればそれでも可能ですが、この舞洲大会はそうはいかないでしょう。参加するためには、きちんとしたトレーニングとトライアスロンの経験が必要です。

レベルはさまざま!京都・丹波トライアスロン大会in南丹

京都府南丹市で開催される京都・丹波トライアスロン大会in南丹は、2015年に始まったばかりの新しい大会です。この大会の良いところとしては、種目別で泳ぐ距離や走る距離に違いがあることや、コースの起伏が少なく単純であることが挙げられ、初心者にとっても比較的参加しやすいトライアスロン大会と言えます。
コースでは歴史ある京都の桂川や、緑豊かな山々を望むことができ、気持ち良くトライアスロンを楽しむことができますよ。

まとめ

トライアスロンの大会は、参加前にコース確認とトレーニングをしっかり行っておくことをおすすめします。 大会によっては、コース設定が易しいものもたくさんあり、初心者や子どもでも十分に参加できるものもあります。 それぞれの大会についてよく調べたうえで、参加を検討してくださいね。

おすすめの記事