「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

トライアスロンにチャレンジする初心者なら、これを絶対知っておこう

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Jacob Lund / Shutterstock.com

オリンピックや大きな大会のテレビ中継などを見て、自分もトライアスロンにチャレンジしてみたいと思った方も多いでしょう。 そのような、これから始めようと考えている初心者の方のために、必要な道具や練習法、大会への参加方法などを解説します。

3種の異なる競技用のアイテムが必要

トライアスロンはスイム(泳ぐ)、バイク(自転車)、ラン(走る)という3つの運動を連続的に行うので、初心者でも必要な道具を揃えなければなりません。つまり、単独運動の3倍とまではいかないまでも、それなりの費用がかかります。 まず、最低限必要なアイテムはウエア、バイク、バイクシューズやランシューズ、ヘルメット、ゴーグル、スイムキャップなどです。他にも、各運動を行う上での付属品として、サングラス、ボトル、練習用のウエアなどを揃える必要があるでしょう。

スイムにはウエットスーツとトライスーツを用意

まずウエアですが、国内ではスイムの際、ウエットスーツ着用が義務付けられている大会が多いので、準備が必要です。そして、下にトライスーツという薄いパッドが入った上下一体型のウエアを着ていれば、スイムが終わればウエットスーツを脱いでそのままバイクに乗れます。パッドが入っているのでお尻が痛くなることもありませんし、バイクが終わればそのままランに移行できます。
これらのウエットスーツとトライスーツにかかる費用は4~5万円です。ただし、距離がショートの大会では、バイクもランも水着でという人も見かけます。

おすすめの記事