「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

テニス観戦の前に必要な5つのマナー

2016 9/23 11:08
テニス
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Naiyyer / Shutterstock.com

テニスファンの方、また初めてのテニス観戦に行きたい人へ!
観戦マナーはご存じですか?今回は、知っておくと便利なテニスの観戦のマナーをご紹介いたします。

観客のマナーは、選手の集中力に関わる

テニス観戦のマナーで覚えておきたいのは、選手と観客は一体であるということです。選手のマナーが悪ければ、観客からはブーイングが出るでしょう。それと同じで、観戦している人のマナーが悪ければ、選手も試合に集中できません。同じ空間にいるので、双方が気持ちよくいられる環境が重要になります。
そのためにマナーがあり、マナーがあることで感動する試合が生まれます。他のスポーツでもマナーが必要ですが、特にテニスは、静かな環境で集中することが必要になるスポーツです。

席に関するマナー

選手の集中力を削がないためにも、観戦するときは試合開始時間前から着席しておきましょう。選手がウォーミングアップをしているときから席について観戦することで、いつ試合が始まっても安心して応援ができます。プレー中は離席することができないので、余裕を持った行動が必要になります。
選手がコートを離れたときや、奇数ゲームの終わり(チェンジエンド)ならば、離席が可能になります。テニス観戦の独特のルールなので、このマナーはしっかりと覚えておきましょう。

写真撮影のマナー

憧れの選手が目の前にいるのに、写真撮影をしてもいいのか迷うときがあります。基本的に、写真撮影は選手のウォーミングアップのときになります。試合が始まってしまうと、写真撮影ができなくなります。「せっかく観戦に来たのに、写真を撮れなかった」ということがないように、シャッターチャンスのタイミングを知っておきましょう。
また、フラッシュ撮影は控えましょう。フラッシュをたいてしまうと、ウォーミングアップといえども選手のプレーに影響を与えてしまいます。

テニス観戦での応援の仕方

日本の野球やサッカーのように、応援歌があるわけではありません。また、独特のリズムやウェーブで応援するわけでもありません。テニスの応援の仕方は、拍手が基本となります。選手の良いプレーが決まったら、惜しみなく拍手を送ります。自分が応援している選手だけではなく、対戦相手がナイスプレーをしたときにも、拍手を送りましょう。
声援をかけることもできますが、離席にタイミングがあるように、声援にもタイミングがあります。選手の集中力を削がないように気を付けましょう。

選手のミスと試合終了後のマナー

ナイスプレーが決まったときは、拍手を送ることが分かりました。それでは、選手がミスをしてしまったとき、どうやって観戦するのがマナーと言えるのでしょうか。選手のミスに対して、ため息をしてはいけません。「カモン!」と声を出すことが、選手への一番の応援になります。「カモン!」には、「次がある、元気出して!」という意味があります。
試合終了後に選手が退場しますが、そのときにも大きな拍手で送り出しましょう。対戦相手がミスしたときに、間違えて拍手を送らないように気を付けてください。

まとめ

いかがでしょうか?テニスの観戦マナーは、他のスポーツにはないルールがあります。
選手が最高のプレーをするには、観客がマナーを守ることも重要になります。

以上「テニス観戦の前に必要な5つのマナー」でした。

関連記事

おすすめの記事