「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

テニス界の偉人、佐藤次郎の功績

2016 9/23 20:08
テニス 佐藤次郎
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by David Lee/Shutterstock.com

過去に偉業を成し遂げたテニス選手、佐藤次郎選手を知りたいと思わないだろうか?
日本人最高となる世界ランキング3位に上り詰めた、佐藤次郎選手の功績を紹介する。

日本人のテニス界の歴史

日本人初の記録を次々と打ち立てていく錦織圭。その輝かしい功績に対して、比較される過去のテニスプレイヤーの中に、錦織圭が乗り越えなければならない壁ともいえる偉大な面々がいる。
日本人テニス選手として史上初の全米選手権ベスト4の記録を持ち、土のコートで圧倒的な強さを誇っていた熊谷一弥。ウィンブルトンでベスト4の清水善造。全仏・全豪・ウィンブルドンでベスト4の記録を持ち、世界ランキング3位まで上り詰めた佐藤次郎など、過去の日本テニス界にこんな怪物がと驚くほどの記録の持ち主がいる。

佐藤次郎とテニス

その中でも、錦織圭と比べられることの多い、佐藤次郎について述べてみたいと思う。小学校に入学し、兄とともにテニスを始めた彼は、放課後誰もいなくなるまで練習し、練習をすると決まっている日には、たとえ雨でもコートに出かけ、ほとんどの部員が休んでいても、一人で他の部員が来るまでまっているような真面目な人柄だったそうだ。
高度なテニスの技術に加えて、コートマナーの良さは海外でも高く評価され、日本が生んだ最高の大使と評されるほどだった。

おすすめの記事