「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スタッツでも錦織圭はフェデラーに完敗 全英8強止まりでも成し遂げた快挙とは?

2019 7/11 15:40中村光佑
ウィンブルドン2019でフェデラーに負けた錦織圭
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

フェデラーの壁を破れなかった錦織

10日、ウィンブルドンの準々決勝が行われ、8強進出を決めた錦織圭はR・フェデラー(スイス)と対戦。日本人男子86年ぶりのウィンブルドンベスト4進出が期待されたが、惜しくも錦織はフェデラーの前に屈した。

第1セットはギアの上がらないフェデラーに対して正確なリターンでポイントを重ねた錦織が先取。しかし、その後はフェデラーが繰り出すサーブ精度の高さとテンポの速い攻めを前にチャンスをつかめず、第2、3セットを連続で落とした。

第4セットの錦織は何度もブレークチャンスを握られながらも何とかしのいだが、第9ゲームでブレークを許し力尽きた。2年連続で8強進出を果たした錦織、またしても”3強の壁”を前にベスト4進出はかなわなかった。

サーブの精度に大きな差が

ここからは錦織とフェデラーのスタッツを見ながら比較してみる。

錦織とフェデラーの2019年ウィンブルドンのスタッツⒸSPAIA

ⒸSPAIA

差が出たのは1stサーブの確率と1stサーブ成功時の得点率だった。フェデラーは66%の割合で1stサーブを決め、錦織は57%。錦織自身も試合後に「サービスゲームの確率が低かった」と述べた通り、サーブの確率は明らかにフェデラーが上回った。また、1stサーブ成功時の得点率はフェデラーが81%だったのに対し、錦織は57%と大幅に下回ったことも敗因の1つといえる。

ブレークチャンスもフェデラーは14回あったのに対し、錦織は6回しかなく、いかにフェデラーのサーブに錦織が苦しめられたかが見て取れる。つまり錦織にはほとんどチャンスがなかったのだ。

また、他にも差が出ているのがリターンゲームでのポイント。合計ポイント数はフェデラーが138、錦織は106ポイントであったが、そのうち錦織がリターンゲームで奪ったのは28ポイント。対するフェデラーは60ポイントと4割以上の数字を残している。

錦織は自身のゲーム回数18のうち、半分の9ゲームでブレークポイントを握られた。これはフェデラーがリターンで攻めの姿勢を最後まで崩さなかったことが挙げられ、錦織は自分のサービスゲームをキープするのに精いっぱいだったと言える。

おすすめの記事