「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

テニス世界ランク1位も夢じゃない!錦織圭の足跡と功績

2016 9/14 00:42
錦織圭
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Maxisport/Shutterstock.com

今や世界ランク上位のテニスプレイヤー、錦織圭選手。
日本人として数々の功績を上げてきた彼の功績を知りたいと思わないだろうか?
そこで、今もさらなる高みを目指している錦織圭のこれまでの記録や成績を紹介する。
テニスを知らない方も、錦織圭の凄さが一目でわかると思う。

錦織圭の足跡と功績

男子テニスプレイヤーとして知られている錦織圭選手だが、これまで日本男子テニス界をけん引してきたことで知られていたのは、あの松岡修造氏だった。この松岡修造の主宰する修造チャレンジにも参加したことのある錦織は、2003年に渡米し、ジュニアとして経験を積んでいく。2007年にプロに転向後は、少しずつ実績を積み重ね、2008年についにデルレイビーチ国際テニス選手権でブレークを破り、ATPツアーで初めてのタイトルを手にする。
2014年になると着実に力をつけ大きく飛躍し、全米オープン準優勝そして世界ランキングも日本人最高位の5位まであがり、現在に至る。2016年リオオリンピックでは準決勝でアンディ・マレーに敗れたものの、ラファエル・ナダルを破り、銅メダルも獲得している。

錦織圭を支える名コーチとの出会い

マイケルチャンコーチはどんな人?実は名選手だったのはご存知だろうか。1989年の全仏オープンを17歳3か月という最年少優勝記録を持っており、その後もグランドスラム大会でも上位の成績という輝かしい過去をもっている。
では、なぜそんなチャンが錦織圭選手のコーチに抜てきされたのか?実は意外にもテレビ番組がきっかけだった。とんねるずのスポーツ番組でチャリティーマッチなど、顔を合わせる機会があり、そこから間もなくして二人の師弟関係がはじまったのだ。
チャンコーチによる指導は、主に基礎をしっかりと見つめなおすこと。またそれ以上に、自分を信じて己に勝つこと!このメンタル強化が今の錦織選手の活躍を実現させたといえるだろう。

おすすめの記事