「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

錦織圭、3回戦敗退も調子は上向き 次戦で自信を取り戻せるか

2019 5/14 15:00橘ナオヤ
マドリード・オープンでワウリンカに敗れた錦織圭Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

ワウリンカに連敗も…手応え感じた敗戦

テニスのATPツアーはクレーコートシーズンが本格化している。5月前半戦の山場、マドリード・オープン(マスターズ1000)は、世界ランク1位のノヴァク・ジョコヴィッチ(セルビア)が33回目のマスターズ制覇を成し遂げ、幕を閉じた。

この大会、第6シードの錦織圭は2回戦から参加。前週のバルセロナ・オープンではベスト4と、いくらか自信を取り戻したなか臨んだ今大会では、順当に準々決勝進出を果たした。準々決勝の相手はABNアムロの準決勝で敗れたスタン・ワウリンカ(スイス)だ。

錦織は、初戦敗退を続けていた3月、4月と比べると迷いも少なく、目的がはっきりとしたプレーをしていた。それでも試合結果は0-2のストレート負け。これでワウリンカ相手に3連敗。敗退が決まった瞬間、錦織はラケットを放り投げ、失意をあらわにしたが、この行為には、悪いプレーはしていないのに勝てなかったことへの悔しさがにじみ出ていた。

おすすめの記事