「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

テニスで知っておきたい基本用語

2016 9/8 23:08
テニス
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Rena Schild/Shutterstock.com

テニスを見るにあたって知っておきたい基本用語というものがあります。
基本用語の理解は最低限でも楽しめますが、より一層テニスを楽しむためにもっとルールを理解していきましょう。
今回はルールが分からないという方のために基本用語を紹介していきたいと思います。

テニスで知っておきたい基本用語 基本的なルール

まずテニスは基本的には4ポイントを取れば、1ゲームを取ったことになります。
1ポイントを取るごとに15(フィフティー)、30(サーティー)、40(フォーティー)と数えていきます。40からもう1ポイント取れば、1ゲームとなります。
お互いに40になると、デュースといわれ、続けて2ポイント取った方のゲームとなります。このデュースとなったときに、1ポイント取っている状態のことをアドバンテージがあると言います。

テニスで知っておきたい基本用語 1セットとは

先程、4ポイント取ると1ゲームというような説明をしましたが、ゲームの他にもセットという概念があります。
一般的なテニスの大会では、ほとんどが6ゲームを取ると1セットとなっています。1セットマッチと言われる試合では1セット、つまり6ゲーム取ったプレーヤーが勝利となります。
また、お互いが5ゲーム取り合っている場合は先に7ゲーム取ったプレイヤーが勝利となります。お互いが6ゲーム取り合っている場合は、タイブレークと言われるゲームを行い、タイブレークの勝者が勝利となります。
タイブレークでは先に7ポイントを取ったプレイヤーが勝利となります。このタイブレークもお互いに6ポイントずつ取っている場合は、先に2ポイントの差をつけたプレイヤーの勝利となります。

おすすめの記事