「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

~グランドスラム~それはテニス観戦を楽しむために必要な言葉

2016 9/8 23:08
テニス
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Leonard Zhukovsky/Shutterstock.com

年々人気が高まってきているテニス。
最近見始めた方へ向けて、観戦をより楽しむためにぜひ知っておきたい基礎知識「グランドスラム」について解説する。

「グランドスラム」ってなんのこと?

グランドスラムとは英語のgrand slamという言葉のことで、もともとはカードゲームで圧倒的な勝利を収めることを指していた。
テニスの場合は、国際テニス連盟が決めた4つの主要な大会、いわゆる4大大会すべてに勝つことをグランドスラムと呼ぶ。また4大大会そのものを指してグランドスラムと呼ぶこともあるので、どういった文脈で使われているか注意してみてみよう。
1年間のうちに4大大会をすべて勝つことが最も純粋なグランドスラムとなるが、これはとても困難なことでシングルス部門ではいままでに5人しか達成者はいない。現役の間に達成することは生涯グランドスラムと呼ばれ、これはジョコビッチ選手が2016年6月に達成し話題になった。

グランドスラムその1、全豪オープン

ここからは4大大会のそれぞれについて解説していく。
まず年の始め、1月にオーストラリアのメルボルンで開催されるのが「全豪オープン」だ。会場となるメルボルンパークには26面のテニスコートがあり、開閉式の屋根付きコートも整備されている。
4大大会の中で唯一の南半球で開催される大会で、1月は真夏にあたる季節になる。年の始めでコンディションを整えるのが難しかったり、暑さを考慮して試合時間が変更されたりと選手にとっては少し困難な状況が生まれることも多い大会だが、見る側としては番狂わせの多い魅力的な大会ともいえる。
2011年から2016年までの6年間でノバク・ジョコビッチ選手が5回優勝しており、得意な大会になっている。

おすすめの記事