「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

要所でミス続いた錦織圭 得意のマイアミで初戦敗退

2019 3/25 15:00橘ナオヤ
錦織圭,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

得意のマイアミだったが失意の初戦敗退

3月19日から始まったATPマスターズ、マイアミ・オープンは、錦織圭にとって相性が良い大会だ。2014年にベスト4に入ると、以降ベスト8が2回、2016年には準優勝の成績を残している。

今シーズン開幕戦のブリスベン国際(ATP250)で優勝し、全豪オープンでもベスト8と幸先の良いスタートを切った錦織だったが、その後ドバイ・デューティー(ATP500)では2回戦、BNPパリバ(ATPマスターズ)では3回戦でホルカシュに連敗。マイアミで良い印象を掴んでクレーコートシーズンにシフトしたかったが、ここでも早期敗退を喫した。

2月以降は4大会で5勝4敗。9試合中6試合がフルセットで2勝4敗と、要所でミスをして勝ちきれない展開が続いている。今、錦織には試合をコントロールする力が求められている。

錦織とマイアミの縁は深いが…

錦織は今大会、第5シードに入った。マイアミ・オープンでは32名のシード選手は1回戦を免除されるため、錦織も2回戦からの登場。前回大会優勝のジョン・イスナーや現世界No.1のノヴァク・ジョコヴィッチら多くのトップ選手が出場する一方、ラファエル・ナダルやフアン=マルティン・デル・ポトロらが負傷により欠場している。

錦織にとってマイアミがあるフロリダ州は馴染みのある土地で、その縁は中学時代にさかのぼる。2002年にフロリダに拠点を置くIMGテニスアカデミーに短期留学すると、翌2003年には選抜生として渡米。これ以降、彼はフロリダのタンパを拠点としている。

またプロ転向後の初大会が、主催者推薦でダブルスに出場した2007年のマイアミ・オープンだった。同大会期間中には、ロジャー・フェデラーの練習相手を務め話題を集めた。縁深く実績もあるマイアミの地ならば、ドバイとBNPパリバでの失態のイメージを払拭できるはずと期待が寄せられていた。

おすすめの記事