「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

錦織圭が世界ランク6位浮上もベスト4敗退。ワウリンカに復活の兆し

2019 2/19 07:00橘ナオヤ
錦織圭,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

調子の良さを見せた錦織

2月11日から17日にかけて、オランダのロッテルダムで行われたABN・AMROワールド(ATP500)。全豪オープンでベスト8だった錦織圭は、ベスト4の成績に終わった。

当初エントリしていたアレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)、マリン・チリッチ(クロアチア)、ニック・キリオス(オーストラリア)が参加を辞退。ズベレフが参加を取りやめたことにより、錦織はNo.1シードでの参戦となった。そのほか、バウティスタ・アグート(スペイン)やリュカ・プイユ(フランス)も辞退しているが、カレン・ハチャノフやダヴィド・ゴファンなど豪華な顔ぶれもあり、決して楽な大会とはならなかった。

プレーの安定感、高い集中力をキープ

ピエール・ユーグ・エルベール(フランス)の気合の入ったプレーに苦戦し、初戦から2時間超のフルセットマッチを強いられた錦織は、全豪で痛めた右足も問題を感じさせず、徐々に調子を上げていった。

特に2回戦のゲルビス戦では、第1セットで5ゲーム連取と絶好調。191cmの長身のゲルビスのサーブにも冷静に対応し、ストロークでウィナーを積み重ねる。第4ゲームでサービスエースからポイントを取られるまで、なんと14ポイント連取をしてみせた。

初顔合わせとなったマートン・フチョビッチ(ハンガリー)が相手の3回戦序盤は、ストローク真っ向勝負となった。だが、ベースラインでのプレーが世界トップクラスの錦織は、ストローク対決で次々と勝利し、フットワークの良さを披露。また、ドロップショットにも落ち着いて対処し、要所でのネットプレーも成功。終盤ガス欠になったフチョビッチにはなす術が無く、錦織が準決勝進出を決めた。

ここまで、1stサーブの得点率は75%と高水準で安定。ブレークも許しファイナルセットとなった初戦のエルベール戦は、1stサーブ得点率が84%とサービスゲームで崩れなかったことが勝因だ。

試合を重ねるごとにストロークやネットプレーといったプレー精度が増し、スタートダッシュや先行を許す場面では巻き返す。要所での集中力は素晴らしく、全豪の準々決勝では力尽きた姿を見せた錦織だったが、その影響を感じさせなかった。

おすすめの記事