「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【全豪オープン】ジョコビッチ1強時代へ 消耗しきった錦織の今後の課題とは?

2019 1/29 07:00橘ナオヤ
ジョコビッチとナダル,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

決勝は二人の王者の戦いに

日本メディアが大坂なおみの優勝一色となった1月27日、メルボルンでは全豪オープン男子シングルスの決勝が行われた。ファイナリストはATPランキングNo.1のノヴァク・ジョコヴィッチ(セルビア)と同2位のラファエル・ナダル(スペイン)だった。

彼ら2人と、前回大会チャンピオンのロジャー・フェデラー(スイス)とともに「Big4」と称されたアンディ・マレー(イギリス)が今大会の前に今シーズンでの引退を発表。ナダルはブリスベン国際を欠場するなど、Big4時代の終焉が現実味を帯びていた。

だが、いざ大会が始まると、マレーは死闘の末初戦敗退となったものの、フェデラー、ナダル、ジョコヴィッチは順当に勝ち上がっていった。フェデラーが20歳のステファノ・チチパス(ギリシャ)に敗れた4回戦は世代交代を象徴する一戦とも称されたが、そんなチチパスもナダルには0-3で完敗。

ジョコヴィッチは決勝までの6試合でわずか2セットしか失わず、ナダルに至っては1セットも奪われずに勝ち上がってきた。まだまだこの2人の時代が終わる気配はない。

おすすめの記事