「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

賞金増額、日程短縮…男子テニスのデビスカップが変わる

2019 1/6 11:00橘ナオヤ
デビスカップフォンで自撮りする出場選手たち,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

旧フォーマットの問題点とは

旧来のフォーマットではこの日程が問題視されてきた。1回戦の直前まで全豪オープン、準々決勝の直前までマスターズ1000のマイアミ・オープン、準決勝の直前は全米オープンが行われてる。そしていずれの日程も翌日からATP250の大会が開幕する。

デビスカップはATPツアーの試合ではないが、ワールドグループの試合では勝者にATPポイントが付与される、とは言え大きなポイントではない。この過密スケジュールの中で、トッププレーヤーたちはグランドスラムやマスターズ1000などの大きな大会を優先し、デビスカップ出場を見送ってきた。決勝戦以外トップ選手が参加しない事態に、運営も頭を悩ませてきた。

そこで新フォーマットでは大会期間を1週間に短縮。ATPファイナルズが終わった後の11月後半に集中開催することになった。また2月に予選大会を行い、これがこれまでのプレーオフに相当する。

おすすめの記事