「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

賞金増額、日程短縮…男子テニスのデビスカップが変わる

2019 1/6 11:00橘ナオヤ
デビスカップフォンで自撮りする出場選手たち,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

大会形式に不満噴出

男子テニスの国別対抗戦デビスカップが、2019年から新たなフォーマットで生まれ変わる。これまで、ATPツアーの間を縫って行われてきたが、ツアースケジュールがタイトになるにつれ、デビスカップの大会フォーマットの在り方に、選手やコーチから不満が噴出していた。

まず、旧来のフォーマットをおさらいしよう。

デビスカップは5つの階層で構成され、最上段に「ワールドグループ」がある。その下にはアメリカゾーン、ヨーロッパ/アフリカゾーン、アジア/オセアニアゾーンと世界各地の地域ごとに「グループ1」「グループ2」…とクラス分けされている。これは新フォーマットでも同様だ。

旧フォーマットでは、ワールドグループは16カ国によるトーナメントで、4つの日程がATPツアーの間にちりばめられてきた。2018年は、1回戦が2月2~4日、準々決勝が4月6~8日、準決勝が9月14~16日、そして決勝戦が11月23~25日に行われた。

1回戦に敗れた8カ国は、グループ1を勝ち上がった8カ国とのプレーオフにまわり、これに勝利した8カ国がワールドグループ残留、そして敗れた8カ国は翌年グループ1に降格。プレーオフは準決勝と同日程で行われてきた。

おすすめの記事