「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

錦織圭の2018年。“復活”と“無冠”のシーズンを振り返る

2018 12/29 11:00橘ナオヤ
錦織圭Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

18大会中11大会でベスト8入り

アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)のATPファイナルズ優勝で幕を閉じた、今シーズンのATPツアー。錦織圭は、3シーズンぶりにファイナルズ出場、ATPランキングではトップ10に返り咲き、“復活”とも思えるような1年を過ごした。負傷から復帰したシーズンに、これだけの成績を残すとはさすがだ。

ただし、調整のために臨んだチャレンジャーズの大会以外では、タイトルを獲得することはできず、無冠でシーズンを終えた。この“復活”と“無冠”から何が見えてくるだろうか。

簡単に、今シーズン錦織が残した成績を振り返る。主要な大会成績は、4月のモンテカルロ・マスターズ準優勝、7月のウィンブルドンでベスト8、全米オープンベスト4、楽天ジャパンオープン準優勝、エルステバンク・オープン準優勝、そしてファイナルズ出場だ。

全豪シーズンを負傷の影響で欠場したにもかかわらず、2つのグランドスラムでベスト8以上に入ったことは称賛に値する。今シーズンは、ツアーで18大会(ファイナルズ、チャレンジャーズを除く)に出場し、11大会でベスト8以上、うち3つの大会で準優勝と安定した成績を残した。

おすすめの記事