「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ジョコヴィッチ、フェデラー、錦織…ATPファイナルズの行方は

2018 11/9 11:00橘ナオヤ
錦織,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

錦織が2年ぶり4度目のファイナルズ出場

最後のツアー大会、ロレックス・パリ・マスターズが終わり、残すは今シーズンの王者を決める大会、NITTO ATPファイナルズを残すのみとなった。

日本の錦織圭は今シーズン優勝こそ無かったものの、楽天ジャパンオープンでは準優勝、パリ・マスターズでも準々決勝進出を果たすなど複数大会で勝ち上がったほか、グランドスラムでも健闘。着実にポイントを積み上げ、9位でツアーを終えた。

本来は上位8選手が出場するファイナルズだが、2位のラファエル・ナダル(スペイン)、4位のフアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)が負傷によりファイナルズの欠場を表明。その結果、9位の錦織と、10位のジョン・イスナー(アメリカ)に出場権がまわってきた。

自分の実力だけで勝ち取ったわけではないが、着実に復調してきたからこそ、ファイナルズ出場の権利を手にしたといえる。

8人がまず戦うのはラウンドロビン

今大会の参加者は次の8選手だ。

・ノヴァク・ジョコヴィッチ(1位:セルビア)

・ロジャー・フェデラー(3位:スイス)

・アレクサンダー・ズベレフ(5位:ドイツ)

・ケビン・アンダーソン(6位:南アフリカ共和国)

・マリン・チリッチ(7位:クロアチア)

・ドミニク・ティーム(8位:オーストリア)

・錦織圭(9位:日本)

・ジョン・イスナー(10位:アメリカ合衆国)

ロンドンのO2アリーナで行われるファイナルズでは、まず8人が2グループにわかれてラウンドロビンを戦う。ジョコヴィッチ、ズベレフ、チリッチ、イスナーの4人がグループ「グーガ・クエルテン」に、フェデラー、アンダーソン、ティーム、錦織がグループ「レイトン・ヒューイット」に入った。

グループ名の「グーガ・クエルテン」「レイトン・ヒューイット」はいずれも往年の名選手の名前だ。

グーガ・クエルテンことグスタボ・クエルテンはブラジル出身の選手で、1995年にデビュー。2008年の引退までに3度の全仏オープン優勝、マスターズ5勝をあげ、ランキング1位にも輝いたブラジル最高のテニス選手。

レイトン・ヒューイットはクエルテンと同時期にプレーしたオーストラリア出身の選手。小柄ながらエネルギッシュなプレーが人々に愛された。近年はデビス杯オーストラリア代表の主将を務めている。

このように、グループ名には毎年、往年の名選手の名前がつけられるのが慣行となっている。

おすすめの記事