「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

数字で読む錦織圭の「勝負強さ」 総合力で上回る土壇場での強み

2018 11/17 07:00宮崎二郎
錦織圭,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

「テニス人生が終わったかな」との悲観も乗り越えた錦織のカムバック

昨夏の右手首腱部分断裂によりツアーを離脱していた錦織圭。2018年シーズンは年初から復帰し、ブランクを感じさせない見事な復活劇を演じてみせた。

約半年間にわたって右手首の怪我の治療に専念していた錦織は、復帰後もしばらく不振にあえいでいた。2、3カ月は自分のプレーができず、「テニス人生が終わったかなと思う瞬間もあった」と振り返っている。

しかし、ワールドツアーの大会への出場を再開すると、錦織は次々と上位に進出した。チャレンジャーレベルの2大会に出場したのちに、2月のニューヨーク・オープン(ATP250)でベスト4入りを果たした。これが錦織にとって復帰後初のワールドツアーでの戦績となった。

クレーコートシーズンに入った4月後半には、モナコで行われたロレックス・モンテカルロ・マスターズ (ATP1000)に出場。決勝戦でラファエル・ナダル(スペイン) に惜しくも敗れ準優勝だったものの、グランドスラムに次ぐレベルのマスターズ大会で上位に食い込み、復調を印象付けた。

さらに、錦織はウィンブルドンで準々決勝、全米オープンでは準決勝に進出。日本で開催された楽天ジャパンオープン(ATP500)と、オーストリアでのエルステ・バンク・オープン(ATP500)でも決勝まで勝ち上がった。

年間上位8人による今季最終戦、ATPファイナルズでは予選リーグ敗退となってしまったが、シーズンを通してその勝負強さには目を見張るものがあった。

おすすめの記事