「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【きばりやー】京都府のテニス強豪校5選

2016 8/26 13:36
テニスコート ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by kireewong foto/Shutterstock.com

高校テニスファンが注目する京都府の強豪校を紹介。各校異なる特徴があり、方針や理念も違う中で強さを維持する秘訣は、一体どういったことなのだろう?

京都屈指の強豪校 東山高等学校

明治元年に設立された東山高等学校は、浄土宗教校京都校以来の長い歴史を持つ私立男子校だ。テニス部はインターハイ団体戦22回と、平成23年3月までには全国選抜高校テニス大会8年連続出場の計20回を果たし、第33回全国選抜高校テニス大会では、ベスト8入りという好成績を残している。
当部が掲げる「一球入魂!」精神のもと、単にテニスが強く上手いだけではなく、京都での真のチャンピオンチーム作りを目指している。これからの世代を担う1年生選手たちのプレーにも注目だ。

獅子奮迅のテニス 京都府立綾部高等学校

通称、綾高(あやこう)と呼ばれる同校の男子テニス部は、過去に数度のインターハイ団体・個人出場を果たすなど、実績を誇っている。部の応援団が持つ『獅子奮迅』の緑の旗の下、目標の「京都制覇」を実現させるべく練習をしている。
平成21年と22年には2連連続で全国高校総体に出場し、昨年平成27年には京都府高校選手権第5位に食い込む頑張りを見せるなど、好成績を残した。他校と比べると少ない部員数で活動しているため、ベンチ層の薄さが懸念されるが、それが和気あいあいとしたどこか楽しい雰囲気を醸すことに繋がっているのだろう。

おすすめの記事