「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【駿河の魂】静岡県のテニス強豪校5選

2016 8/26 13:36
テニスラケット,ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Billion Photos/Shutterstock.com

近年、好成績を収めている静岡県のテニス強豪校。過去の輝かしい戦績や、今後も引き継がれる学校の特徴などを紹介する。

静岡県内堂々のナンバーワン 浜松市立高等学校

浜松市立高等学校は、運動部、文化部ともに部活動が大変盛んで、市内でも1、2を争うぐらいの進学校だ。テニスを校技としており、テニス部員を含めた300人以上の生徒が毎年全国大会に出場している。
最近の戦歴としては、2014年国高等学校総合体育大会(インターハイ) 団体戦 学校対抗でベスト8入りを果たし、 個人戦 シングルスでは、古田 伊蕗選手がベスト16という輝かしい結果を残している。地元の新聞や テニス雑誌にも載るほどに実力のある高校だ。

竜南健児吠えるテニス 静岡市立高等学校

地元では略して「市高」と呼ばれ、生徒の勢い溢れる姿勢を称え「竜南健児」としている静岡市立高等学校。長谷川監督率いる同校のテニス部は、平成21年全国高校総体で団体戦でベスト8に入った。
平成27インターハイ県大会に出場を果たしており、結果は団体戦で2位、そしてダブルスでは3位入賞と東海大会への出場権を獲得している。当時のチームには、過去全国上位で活躍した選手がいるわけでもなかったため、普段の練習姿勢や監督の指導の賜物とも言えるかもしれない。
この強さをこれからの世代へと引き継いでほしい。

静岡県内屈指の伝統校 浜松学芸高等学校

1902年に開校された浜松学芸高等学校は、静岡県内で2番目に古い伝統を持つ私学だ。文武両道、自己鍛錬に励むテニス部は校外に4面の専用コートを持っている。4面という広さと設備の充実度は、市内高校の中でもトップレベルを誇る。
個人戦・団体戦では、常に県大会出場を目指し日々鍛錬しています。最近の実績としては、平成25年度高校総体 西部予選男子ダブルス ベスト32、平成26年度新人戦西部予選男子シングルス16位ベスト32という結果を残している。

順当に勝ち進むテニス 日本大学三島高等学校

日本大学三島高等学校は、日本大学付属の私立学校であり、「日大三島」の略称で親しまれている。藤井敬樹監督率いる同校テニス部の練習では、 「攻めて勝つテニス」「守って勝つテニス」の両方を高い次元で展開することに重点を置いているそうだ。
地方予選・全国大会において数々の強豪校を苦しめてきたチームの強みは、何といっても積極果敢な攻めでポイントを取り、ラリーの応酬では決して諦めない粘り強さで、理想的なゲームメイクを成立させることだろう。

快進撃見せるテニス 岡県立清水東高等学校

岡県立清水東高等学校:通称清高(きよこう)は、全国高校科学グランプリで数度の金賞・銀賞・銅賞を受賞しており、日本数学オリンピックで日本一に輝くなど、学業と部活動の両面から多岐にわたって実績を残している。
10年ぶりに、東海大会への出場を果たすなどの快挙を成し遂げている同校テニス部は、東海大会で第2シード中京高校と初戦で対戦し、残念ながら敗れはしたものの、次につながる戦いぶりを見せてくれた。新体制での今後の活躍が楽しみだ。

まとめ

より一層の活躍を期待するとともに、一生懸命練習に励む彼らの背中を後ろから見守り続けたいですね。

関連記事

おすすめの記事