「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【駿河の魂】静岡県のテニス強豪校5選

2016 8/26 13:36
テニスラケット,ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Billion Photos/Shutterstock.com

近年、好成績を収めている静岡県のテニス強豪校。過去の輝かしい戦績や、今後も引き継がれる学校の特徴などを紹介する。

静岡県内堂々のナンバーワン 浜松市立高等学校

浜松市立高等学校は、運動部、文化部ともに部活動が大変盛んで、市内でも1、2を争うぐらいの進学校だ。テニスを校技としており、テニス部員を含めた300人以上の生徒が毎年全国大会に出場している。
最近の戦歴としては、2014年国高等学校総合体育大会(インターハイ) 団体戦 学校対抗でベスト8入りを果たし、 個人戦 シングルスでは、古田 伊蕗選手がベスト16という輝かしい結果を残している。地元の新聞や テニス雑誌にも載るほどに実力のある高校だ。

竜南健児吠えるテニス 静岡市立高等学校

地元では略して「市高」と呼ばれ、生徒の勢い溢れる姿勢を称え「竜南健児」としている静岡市立高等学校。長谷川監督率いる同校のテニス部は、平成21年全国高校総体で団体戦でベスト8に入った。
平成27インターハイ県大会に出場を果たしており、結果は団体戦で2位、そしてダブルスでは3位入賞と東海大会への出場権を獲得している。当時のチームには、過去全国上位で活躍した選手がいるわけでもなかったため、普段の練習姿勢や監督の指導の賜物とも言えるかもしれない。
この強さをこれからの世代へと引き継いでほしい。

おすすめの記事