「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【行くんべ!】埼玉県のテニス強豪校5選

2016 8/26 13:36
テニス 試合
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by David Lee/Shutterstock.com

高校テニス好きの方におすすめの情報です。
強豪校ぞろいの埼玉県、その中でも特に注目校や全国を狙っている学校を紹介します。

団体・シングル・ダブルス、テニス県大会優勝 秀明英光高等学校

埼玉県上尾市にある私立の共学校だ。生徒一人ひとりの進路に応じたコース制を導入しており、「心の学習」として茶道や武道を学べる高校である。部活動では全国レベルの部が揃っており、中でもテニス部は初心者からでも全国を目指せることで有名だ。
県大会優勝の常連校であり、全日本ジュニアテニス選手権やJOCジュニアオリンピックに出場する選手も、数多く輩出している。テニスコートは夜間照明も付いており、4面のオムニコートで全国制覇を目標にして、毎日練習している。

チームワークが魅力的!団体戦に強い強豪校 浦和学院高等学校

「浦学」の愛称で親しまれている浦和学院高等学校は、野球では甲子園出場校として有名だ。テニスでも全国選抜大会の常連校であり、全豪オープンに出場する選手が出てくるほどの強豪校である。
県大会では、決勝戦で秀明英光高等学校と試合することが多く、「浦学」と「秀明英光」は因縁のライバルとも言われている。全国大会のシングルス・ダブルスでは、毎年何人もの浦和学院高等学校の選手が出場しているのだ。男女とも勢いがあり、今後ますます注目が集まる高校である。

テニスでも常に目標を明確にしている 川越東高等学校

国際的視野に立つ人材育成に力を入れている川越東高等学校は、知育・徳育・体育に重点を置いた教育を理念としている。川越東高等学校のテニス部は、部活動の日程や大会の予定をホームページ上に掲載している。
インターハイに出場できなかったこともきちんと書き込み、今後の目標や意気込みを明確にしているのが特徴だ。戦績や試合状況を客観的に捉え、シングルスやダブルスで全国大会に出場する選手も増えてきている。強豪校として、期待が高まっているのだ。

高校テニス界で勢いのある 本庄東高等学校

本庄東高等学校は、「東大プロジェクト」が発足しているほどの進学校である。教育にとても力を入れている学校だが、最近テニス部の活躍に勢いがある。平成27年度に行われた埼玉県の新人戦では、多くの1年生が上位成績を収めている。
この年のインターハイもベスト8に入り、今後のテニス部の活躍に期待できる。限られた時間でいかに効率良く練習できるかを考え、チーム一丸となってインターハイ出場を目指している強豪テニス部だ。

4冠達成!シングルス・ダブルスが強みの強豪校 昌平高等学校

埼玉県北葛飾郡にある昌平高等学校は、人間性豊かな生徒が多く、文武両道を目指した教育が有名である。テニス部の活躍も有名であり、平成27年度の埼玉地区予選では男子シングルス・ダブルス優勝、女子シングルス・ダブルス優勝を果たした。
この歴史的4冠は、創部以来初となる快挙である。県大会でも上位の成績を収め、一気に話題の高校となった。和気あいあいとしたテニス部の写真がホームページ上に掲載してあり、まさにこの学校の教育理念が伝わってくる。

まとめ

いかがだろうか?埼玉県のテニス部は、全国レベルの選手が多いである。今回紹介した学校は、特に勢いがあって、目が離せない強豪校ばかりだ。今後の活躍にも期待していきたい。

関連記事

おすすめの記事