「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【すごいなやー!】茨城県のテニス強豪校5選

2016 8/26 13:36
テニスボール,コート
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by kireewong foto/Shutterstock.com

関東の高校テニスをもっと知りたい方へ。
茨城県の強豪校を把握したい人のために、今回勢いのある5校を紹介します。

県大会優勝の強豪校 霞ヶ浦高等学校

霞ヶ浦高等学校は、特進選抜コース・特進コース・総合進学コースの3つに分かれた進学校です。テニス部の活躍は、常に安定しています。関東高校テニス大会の茨城県予選では、2014年に2年ぶり10度目の優勝を果たしています。
個人でも大会で優勝する選手が多く、茨城県では注目度の高い強豪校と言えるでしょう。平成28年度の県大会男子団体でも優勝しているので、今後の活躍にも期待できます。

テニスの実力は全国レベル 竹園高等学校

関東大会やインターハイに出場経験のある竹園高等学校は、今後も茨城県の高校テニス界に刺激を与えてくれるでしょう。竹園高等学校の教育方針は、ディベートやディスカッションで論理的思考力を伸ばすことを重視しています。そのほか、異文化交流ができて、早朝や放課後に個人学習もできる環境なので、自主性のある生徒が育っています。
文武両道の精神がある竹園高等学校のテニス部は、活動記録もホームページに事細かに掲載しています。学業にもテニスにも真っ直ぐな姿勢が伺える、茨城県の強豪校です。

15年連続インターハイ出場の強豪校 東洋大学附属牛久高等学校

男女ともインターハイ出場している、茨城県で有名な強豪校です。平成28年時点で15年連続インターハイ出場の、圧倒的強さを誇るテニス部です。毎年、団体だけでなく個人でも優秀な成績を収めています。
ナイター付きの4面オムニコートで毎日練習しており、和気あいあいとした中でも集中して取り組んでいます。国際教育も充実しており、選手の中には世界での活躍を考えている人もいます。このようなトップクラスの強豪校でも、茨城県のテニス部はレベルが高いので、毎年混戦となっています。

男女とも地区大会優勝の強豪校 つくば秀英高等学校

つくば秀英高等学校は、多くの部活動が大会で成績を収めています。中でもテニス部は、「平成26年度全国総体テニス茨城県西地区予選会」で男女ともに団体優勝を果たしました。つくば秀英高等学校のテニス部は、さまざまな大会に参加しています。
「ダンロップ大会」「コバトンカップ」「少年少女テニス選手権」など、多くの大会で経験値を積んでいる伝統があります。練習と大会を上手に取り入れて、他の高校とは違ったスタイルで実力をつけています。

全国・関東大会出場のテニス実績 茗溪学園高等学校

茗溪学園高等学校の教育方針は、「スタディスキルズ(Study Skills)」という独自のノウハウによって生徒の成長をサポートすることです。困難に直面しても、希望を抱いて立ち向かう精神を育てています。知識や経験、体力だけでなく、国際性や創造性、コミュニケーションまで幅広いスキルを身に付けることができます。
テニス部は「スタディスキルズ(Study Skills)」の精神で、関東大会出場を果たしました。また、全国大会にも出場した経験もあり、今後もさらなる成長が期待できます。

まとめ

いかがでしょうか?茨城県は漫遊空間と呼ばれるほど、豊かな気持ちになれる土地です。茨城県の高校テニス界も、全国レベルの実力で伸び伸びと成長しています。どの学校も、今後の活躍に目が離せません。

以上「【すごいなやー!】茨城県のテニス強豪校5選」でした。

関連記事

おすすめの記事